ナビタイマー

ナビタイマーは、1952年に世界初の航空計算尺付きクロノグラフとして登場した腕時計です。発売したのはスイスの高級腕時計メーカーとして知られるブライトリング社であり、このメーカーの代表的なシリーズの1つとして、愛され続けています。
ブライトリング社は航空業界との繋がりが強く、初代ナビタイマーが登場した時代はまだ管制塔やレーダーがなかったため、多くのパイロットがこのナビタイマーを腕に巻き、速度や燃料を計算しながら飛び続けていました。この様に初代から、ナビタイマーの計器は非常に優れており、世界パイロット協会の公式時計としての認定を受けていた程です。
もっとも初代が登場した当時は、手巻き式の時代であったため、このナビタイマーも手巻き式の腕時計として登場しました。ですがその後、自動巻化や日付の有無等の機能の変化は加えられたものの、基本的なデザインは初代のまま、現在まで受け継がれているのです。そういった点から、ナビタイマーは登場した当時から、機能性だけでなくデザイン性も革新的に優れていたと言えます。
実際、デザインが大きく変わっていない新しいモデルも、男性用の高級腕時計として高い人気を誇っているのです。しかもデザイン性だけでなく、時刻を正確に刻み続けるという機能性も優れているので、高級腕時計を多く集める様な愛好者からも、非常に高い評価を受けています。