ブライトリング コレクション

ブライトリングの歴史

ブライトリングは1884年にスイスで創業されました。
創業者はレオン・ブライトリング氏です。
レオン氏はスイスの小さな村の工房で時計を作り始めました。
そのときの年齢は24歳でした。
もともとこの村は冬の間は農作物がとれないため、副業として時計作りをしている家庭が多かったのです。
そのうちにG・レオン・ブライトリング社という時計工場を設立し、他のメーカーとの区別を考えるようになります。
スイスは時計王国で数多くの時計ブランドがありますが、クロノグラフやストップウォッチなどの経過時間計測時計(計時機能付き・航空時計)においてはブライトリングが一番です。
クロノグラフは多くの賞を受賞し、航空時計メーカーとして発展していく足がかりになりました。
スピード計測器に関しては、正式に警察に採用されたので、公的な信用を得ることができたのです。
またそれと同時に懐中時計に対する評価も上がりました。
1892年にはラ・ショー・ド・フォンという時計産業の中心地に進出します。
社名はレオン・G・ブライトリングSAモンブリラン・ウォッチ・カンパニーに変更されました。
レオン氏は飛行機に強い興味をもち、飛行士になりたいと思ったもののどれは不可能だと悟り、飛行士用の小型懐中クロノグラフの製作に着手します。
1914年にレオン氏は54歳という若さで亡くなります。
レオン氏の没後は息子のガストンが事業を引き継ぎ、近代的な経営で会社をさらなる大きなものへと変化させていきました。
クロノグラフの開発も変わらずに行われ、30分タイマーやストップウォッチなどを発売します。
30積算機は警察でスピード違反の取締り使用されました。
1932年には孫のウィリーが事業を引き継ぎました。
ウィリー氏もクロノグラフの開発に心血をそそぎ、40種類ものクロノグラフを発売させます。
1930年代には航空機用コックピットクロックをイギリス軍に配給することになりました。
戦場で使用される時計は耐久性と高精度が要求されました。
イギリス軍に採用されることによって、宣伝効果が大きく、ボーイング、ダグラス、ロッキードなどの航空機メーカー、エアフランス、BOAC、KLMなどの航空会社もコックピットクロックを採用しました。
航空業界との結びつきをよりいっそう強くしました。
ウィリー氏は1942年に世界で始めて対数目盛り付きの計算尺を装備したクロノマットは発売しました。
生産効率の計算のできる時計です。

ブライトリング買取します!⇒ https://www.kaitori-ginza.com/breitling/